>> 最新の自動搬送式納骨堂

最新の自動搬送式納骨堂

自動搬送式納骨堂 一般的なお墓参りのスタイルというものが最近では変わりつつあります。特に最新の納骨堂にいたっては、最新技術を駆使した自動搬送式納骨堂というものが関東を中心に増えてきています。
建物の外観が全く寺院にも墓地にも見えないようなもので、さらに寺院に建っていても宗派は関係ないということがほとんどになっています。
遺骨をおさめた納骨箱は収蔵庫で保管されていますが、参拝者がきた場合に参拝者専用のICカードをかざしてタッチパネルで操作をするだけで、納骨箱が礼拝ブースまで自動的に運ばれてくる仕組みになっています。
収蔵庫にはたくさんの秋骨箱をおさめることができるので、価格を下げることができます。
都心に墓を建てることに比べると手頃な値段ということと休憩室やセレモニーホールと併設されていることも多いため、墓参りから法要までを同じ場所で行うこともできるので、利用しやすく移動する手間も省けるのでこれからの主流になりつつあります。

納骨堂のサイズについて

納骨堂には、「個人用」「ファミリー用」などいろいろな種類がありますが、骨壺が増えてきた時に気になるのがサイズです。何人分まで納骨できるかということは、納骨堂のサイズによって左右されるからです。
寺院が運営しているような大きい所だと、広ければ10人以上のスペースがありますが、小さい所だと2人分程度、もしくは個人壇として1人分の骨壺だけを保管するようになっていたりします。
どのくらいの大きさにするかということは、基本的には買う時点で決めますが、追加費用を支払うことで新しい人の分のスペースを利用できる所もありますし、定員以上の分については預かれないという所もあるので、確認は必須です。
しかし、やむをえない場合は、遺骨を納めるための「骨袋」という物があるので、それに入れるという方法もあります。
また、ある程度長期間安置されていた骨壺は、合祀したうえで土に帰したり、先祖の分をまとめて一つの骨袋に入れることもあります。