>> 遺族の代わりに供養を代行

遺族の代わりに供養を代行してくれる納骨堂

遺族の代わりに供養を代行 日々の生活に追われていたり、引っ越しで地元を遠く離れていることから先祖代々の墓を手入れしていくのが困難だという人は多いものです。
きちんと故人の供養をしてあげたいけれど、現実的に難しいというジレンマで悩んでいる場合は、遺族の代わりに供養を代行してくれる納骨堂の存在が大変心強いものとなるでしょう。
納骨堂では故人の遺骨を安置し、遺族の代わりに定期的な供養を代行したり、日々の管理を行ってくれるため、遺族が足を運ばなくて満足出来る弔いをしてくれるのです。
もちろん長期休暇などを利用して遺族が墓参りに訪れることも当然可能であるため、出来る時だけは自分達でも供養をしてあげたいという人にもぴったりです。
納骨堂は日々の供養や管理を遺族の代わりに代行することで、年間の管理費や永代供養料などの料金を請求します。
そのため納骨堂の利用を検討している遺族は利用時にどの程度の金額が必要になるのか詳細を調べ、納得した上で契約を交わしましょう。

単身者に評判の良い納骨堂

一昔前までは家族と同居をし、親の面倒を見る事が当たり前とされていた日本社会でしたが、核家族化の進む現代では親と離れて暮らす人が増えてきました。
また、生涯独身で過ごす人も増えてきたためこうした単身者にとって終焉を迎えた後のお墓に関する問題は深刻化してきています。
そんな単身者たちのお墓に関する悩みに応えているのが納骨堂の存在です。
納骨堂とは個人の遺骨を安置する室内型のお墓で、仏壇式やロッカー式などの納骨方法があり、家族に変わって供養をしてもらえます。
寺院によって管理されるものから公営、民営のものまであり、最近ではその数も増え、その評判も高まってきています。
こうした納骨堂のメリットは生前購入をする事が可能なため単身者でも自分の納得のいくお墓選びができる点にあります。
また、単身者のみならず家族が遠方に住んでいる人や子どもが嫁いだ事によってお墓を守る人がいなくなってしまった人たちでも、家族に負担を掛けずに供養してもらえるとあってその評判も良く、利用者の数は年々高まってきています。